買ったお店で直してくれない  古いお草履で、お店が分からない  買ったお店がやめてしまった

接着剤の劣化が原因? まだまだ履いていただけます。
佐賀錦のお草履は、鼻緒のウケがはがれたりしますが、このお草履は、天と底が両方はがれてしまっています。
経年変化による接着剤の劣化が原因です。でも、芯がしっかりしていれば、まだまだ履いていただけます。     




フォーマルにお履きいただくお草履は、年に数回? 数年に1回…くらいしか出番がないようです。


ですから、外見的には傷んでいないお草履が多いようです。


しかし、使用されている接着剤は、時間経過と共に変化して弱くなったりしますので、ハガレの原因になったりします。











一部に隙間が見えるようになると、一部分ではなく、全体的に隙間・ハガレが発生することが多いようです。


多くの場合、一部接着ではなく、写真のように天・台・底をバラバラにして、余分な接着剤をとった後、再接着することになります。


一部分のハガレの場合には、ご自分でもできないことではありませんので、お試しになってください。ポイントは、接着剤を入れすぎないことです。







接着剤の表面が乾いたら、ズレの内容に接着します。しっかりとおさえてください。


履く方の足に合わせて鼻緒を調整して完成です。